【 誕生! 健康長寿ナビゲーター ② 】

【 誕生! 健康長寿ナビゲーター ② 】                   

ホンマモンのお茶は解毒作用!

今から1800年も前の中国。
お茶の木の葉が体にとても良い効果が有ると
確認したのが、伝説の人“神農”

食用に出来る植物を探して、色々な植物を口に入れました。
『1日に百草を舐めて70の毒に当たり、茶を飲んでその毒を消した』
と、言い伝えられています。

この解毒に当たるのが、“デトックス”
体内の不要なもの

○ 食べすぎた余分な栄養素
○ 食べ物に含まれる体に悪い成分(農薬・添加物など)
○ ウィルス・放射線など体外から入ってきた体に不要な物・・・

この様なモノが体内に残っていると
自己免疫力がどんどん低下します。

残念ながら、現代 普通のお茶屋さんに売っているお茶は、
この昔のお茶とはまったく違うものになっています。

○ お茶の木が違う
○ 摘採の時期・回数が違う
○ 与える肥料・農薬が違う
○製茶法が違う
○ 保存法が違う

1番、分かりやすいのが、
信長・秀吉・千利休達が飲んでいた抹茶は“茶色”
茶色の抹茶・・・見たことありますか?